Loading...

創業55年の信頼と実績
屋根リフォーム・防災・雨漏り専門店

スレート屋根の特徴と修理方法や費用相場

スレート屋根には、主に「化粧スレート屋根」と「天然スレート屋根」の2種類あります。

スレート屋根は劣化状況に応じて、適切な修理をする必要があり、修理方法には「ひび割れ補修」「部分的な差し替え」「塗装」「カバー工法」「葺き替え」があります。

このページでは、スレート屋根の劣化現象や修理方法の説明と費用相場を説明いたします。

スレート屋根の特徴

スレート屋根には、主に「化粧スレート屋根」と「天然スレート屋根」の2種類あります。

化粧スレート屋根とは、セメントに繊維物質を混ぜ合わせて板状に加工したもので、軽量で耐震性に優れている特徴があり、現在日本で最も普及している屋根材です。

そして、天然スレート屋根は粘板岩を薄い板状に加工した屋根材で、化粧スレートとは違い、自然の風合いを楽しむことができます。ただし、天然スレートは費用が高いため、日本ではあまり使用されていません。

化粧スレート屋根の価格と耐用年数

化粧スレート屋根の価格は、1㎡あたり4,500~8,000円が相場です。

また、化粧スレートの耐用年数は20~25年程になります。化粧スレートは10年前後を目安に塗装によるメンテナンスが必要です。

化粧スレート屋根の修理方法と費用相場

ひび割れ補修

ひび割れが軽度の場合は、コーキングによる補修が可能です。

ひび割れ補修にかかる費用は施工範囲によっても異なりますが、1万円~5万円が相場です。

部分的な差し替え

スレート材の欠損は、部分的な差し替えを行います。

スレート屋根は、板同士が重なるように下から順に固定されているので、一部のみ取り外すことはできません。そのため、部分的に差し替える場合は、欠損部分を切り取って新しいスレート材を上から取り付けます。

部分差し替えの費用は、1箇所あたり1万円~5万円が相場です。

塗装

色褪せやコケ・藻など塗膜の劣化が見られる場合は、塗り替えによるメンテナンスを行います。

スレート屋根を塗装する時の注意点として、縁切りの必要性を理解しておくことが大切です。縁切りとは、スレート材同士の間が塗料によって塞がらないように隙間を開ける作業のことです。

スレート材同士の隙間には、屋根内部に入り込んだ雨水を排水する役割があるため、もし隙間が埋まってしまうと雨水の逃げ道が無くなり、最終的に溜まった雨水によって雨漏りが発生してしまいます。

屋根塗装の費用は使用する塗料によって変動しますが、一般的な住宅の場合40万円~60万円が相場です。

カバー工法

カバー工法とは、既存のスレート屋根を撤去せずに、そのまま上から新しい防水シートと屋根材を被せる方法のことです。

屋根材の劣化が激しく塗装で対応できない場合や、屋根材の耐用年数を迎えている際は、カバー工法によるメンテナンスが有効です。葺き替えに比べて費用を抑えつつ、屋根を新しくすることができます。

カバー工法の費用は、80万円~140万円が相場となります。

葺き替え

葺き替えとは、既存のスレート屋根を全て撤去してから、新しい防水シートや屋根材を取り付ける方法です。

下地の状態が悪く、雨漏りが発生していたり、屋根材の耐用年数を迎えている場合は葺き替えを行います。また、一度カバー工法を行った屋根は再度カバー工法を行えないため、その場合も葺き替えをする必要があります。

葺き替えにかかる費用は140万円~200万円が相場です。既存の屋根材を撤去する費用がかかるので、費用も高額になります。

化粧スレート屋根に見られる主な劣化症状

色褪せ・変色

スレート屋根の表面に施されている塗膜が劣化すると、色褪せや変色などが見られるようになります。

早急なメンテナンスは必要ありませんが、放置しているとやがて塗装が剥がれ、スレート材自体の劣化に繋がるため、塗り替えをしてスレート材を保護することが大切です。

コケや藻の発生

スレート材に水分が滞留すると、コケや藻が発生します。コケや藻の発生は、美観が損なわれるだけではなく、屋根の防水機能が低下している証拠とも言えるため、状況の悪化を防ぐ為にも早めのメンテナンスが必要となります。

スレート材の反り

スレート材の劣化が進み、水分の浸透・乾燥を繰り返すと、スレート材が反り上がってしまう場合があります。スレート材の反りによって生じた隙間から、雨水が浸入して雨漏りする可能性もあるので、早急なメンテナンスが必要です。

スレート材のひび割れ・欠け

スレート材のひび割れ・欠けは、経年劣化や飛来物などによる影響で発生します。スレート材の反りと同様に、ひび割れや欠けによって生じた隙間から内部に雨水が入り込む恐れがあるので、早急のメンテナンスが重要となります。

また、ひび割れや欠けが広範囲に見られる場合は、屋根材全体の耐久性が低下していることも考えられるため注意が必要です。

棟板金の劣化・釘の浮き

棟板金とは、スレート屋根の一番高い位置に取り付けられている金属製の部材のことで、屋根頂上から雨水が浸入しないようにカバーする役割があります。

棟板金は劣化するとサビや剥がれなどを引き起こすため、定期的なメンテナンスが大切です。さらに、棟板金を固定している釘は7~10年程で浮いたり、緩んできてしまうため、適切な時期に修理をして棟板金が外れないようにする必要があります。

屋根修理のことならお気軽ご相談ください!「相談してよかった!」と言っていただける自信があります。

ルーフクラフトでは、どこよりも屋根に関する相談をわかりやすく解決するため、ショールームを作り屋根の模型や最新の屋根材などを展示しています。

自社施工管理の施工で、無駄な仲介マージンがかからないから低価格でも高品質な施工が可能です。「プラス20年の安心をお届けする」をモットーに、地元のお客様の大切なお家を守れるよう、日々活動しています。

屋根に関するトラブルやお悩みは、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!必ず満足行く修理をご提供できる自信があります。

最新情報

お気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
通話無料電話受付 9:30~19:00(木曜定休)
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ