Loading...

創業55年の信頼と実績
屋根リフォーム・防災・雨漏り専門店

瓦屋根のラバーロックとは?デメリットや正しい施工方法と費用

瓦屋根を修理する方法はいくつかり、その中の1つにラバーロック工法というものがあります。

初めて聞く方もいらっしゃると思いますので、ラバーロックについてメリットやデメリット、施工方法について説明します。

このページをご覧いただいて、ラバーロック工法についてご理解いただけると幸いです。

ラバーロックとは

ラバーロックとは、瓦屋根で行われる修理方法です。

瓦同士の隙間をコーキングで埋めて固定し、瓦が飛ばされないように繋ぎ合わせて結束力を強固にする目的があります。

ラバーロックのメリット

ラバーロックのメリットについてご紹介します。

瓦同士の隙間を埋めて雨水の浸入を防ぐ

ラバーロックは、雨漏りの対策として行われる工法です。瓦同士の隙間をコーキングで埋めるので、雨水の浸入を防げるメリットがあります。

瓦同士を固定してズレ・落下を防ぐ

ラバーロックは、瓦同士を連結して結束力を高める目的もあります。瓦同士を固定することで、地震の際に瓦がずれにくくなるため、瓦の落下を防ぐことにも繋がります。

ラバーロックのデメリット

反対に、ラバーロックのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

瓦の下に湿気が溜まりやすくなる

ラバーロックは瓦の隙間を埋めるので、通気性が悪くなり湿気が溜まりやすくなるデメリットがあります。さらに、湿気によって瓦の下の木材が腐食していまう可能性もあるので注意が必要です。

見た目が悪くなる

ラバーロック工法ではコーキングを充填するため、時間の経過とともにコーキングの汚れや黒ずみが目立つようになり、屋根全体の見た目が悪くなってしまいます。

汚れや黒ずみが見られるようになるのは、コーキングが持つ粘着性によって埃が付着してしまうことが原因です。

瓦の再利用ができなくなる

ラバーロックを行った瓦は再利用ができません。

再利用するには、瓦に付着したコーキングを剥がす必要があり、かなりの手間や作業費用かかるからです。もしラバーロックを行った屋根を改修工事する場合は、屋根の葺き替えをする方がコストを抑えられます。

次回の修理の際に手間と費用がかかる

前述の通り、コーキングで固定した瓦を撤去するのには、かなりの手間や費用を必要とします。瓦を撤去する際は、コーキングを1本ずつカッターなどで切り離していくため、工事費用も高額になってしまいます。

雨漏りの原因になる場合がある

ラバーロックを間違った方法で行うと、雨漏りの原因になることがあります。

ラバーロックは瓦同士の隙間を埋める工法ですが、埋める必要の無い隙間までコーキングを充填してしまうと、屋根内部の水分や湿気の逃げ道も無くなり、最終的に雨漏りに繋がる恐れがあります。

そのため、正しい方法でラバーロックを施工してくれる業者を選ぶことも重要です。

ラバーロックの施工方法

ラバーロックの施工方法についてご紹介します。正しい施工方法をご理解いただいた上で業者を選ぶようにしましょう。

正しい施工方法

ラバーロックによるコーキングは「平瓦」と「棟瓦」の2箇所に施工されます。

平瓦部分の左側面と下側面の瓦が重なっている箇所のみにコーキングを施し、コーキングした箇所がL字型に見えるのが正しい施工方法です。また棟瓦の部分は、熨斗状に交互に積んだ状態でT字になった隙間部分のみをコーキングします。

この方法により最低限のコーキングで済むうえに、多くの棟瓦を強固に連結することができます。

間違った施工方法

間違った施工方法は、瓦の4辺の隙間を全て埋めてしまう方法です。

全ての隙間を埋めると瓦の通気性が無くなり、屋根の内部に湿気が溜まっていきます。そして、湿気が溜まり続けると屋根の下地部分にも影響を及ぼし、やがて雨漏りを引き起こしてしまいます。

ラバーロックの費用相場

ラバーロックの単価は、1棟当たり15万円~20万円が相場です。他の屋根工事と比較すると、葺き直し工事の約半分、葺き替え工事の約4分の1程度の費用に収まります。

ただし、「安かろう悪かろう」という言葉があるように、施工後の費用対効果を考える必要があります。ラバーロックを行った後の屋根修理では、通常よりも費用がかかる点も考慮しなければなりません。

ラバーロックを行う場合は業者選びが重要

もちろんラバーロックを行う業者すべてが悪徳業者ではありません。正しい施工方法を行ってくれる業者もいます。

ただ、不要なラバーロック工法を行って高額請求しようとする業者もいるのは確かです。

ラバーロック工法の作業自体は簡単なので、知識のない業者でも行うことができますが、間違った方法で行うと雨漏りに発展する可能性があります。

まとめ

ラバーロック工法で検索をすると、「悪徳業者」や「高額請求」などと紹介されていることが多いかと思います。

ラバーロック工法を行う業者が悪徳業者とは限りませんが、実際に賛否がわかれる工法というのは事実なので、お客様自身でもデメリットも理解しておくことが大切です。

注意点も多い工法なので、「費用をかけずに雨漏り対策ができる」「瓦の落下を防げる」といったメリットだけを説明して契約しようとする業者には注意しましょう。

最新情報

お気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
通話無料電話受付 9:30~19:00(木曜定休)
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ